フォントのアウトライン化について

フォントのアウトライン化とは

nsp0002_04
アウトライン化とは、文字情報を図形に分解することです。
アウトライン化されていない場合、弊社に無いフォントは所有する範囲のフォントに変換されてしまいます。
アウトライン化すると出力時にフォントデータが不要になり、お客様の指定したフォントの形そのままで印刷できるようになります。

アウトライン化する方法

イラストレーター

まず最初に、非表示のレイヤーを削除します。次に、レイヤーのロックを全て外してください。
レイヤーのロックを解除してから、メニューより「オブジェクト>すべてをロック解除」を実行します。
メニューの「選択>すべてを選択」した状態で、「書式>アウトラインを作成」を実行します。

インデザイン

まず最初に、非表示のレイヤーを削除します。次に、レイヤーのロックを全て外してください。
レイヤーのロックを解除してから、メニューより「オブジェクト>すべてをロック解除」を実行します。
メニューの「選択>すべてを選択」した状態で、「書式>アウトラインを作成」を実行します。

アウトライン化できない場合

オフィス系のソフト

ワードやエクセルやパワーポイントは、印刷用データを作る事に特化しておりませんので、フォントをアウトライン化する事ができません。
そのため、適切にPDF化しないとフォントが変化する可能性があります。
PDFとして出力したのち、フォントが埋め込まれている状態である事を確認して下さい。

フォトショップ(他、画像編集ソフト)

作業する中でレイヤーが複数存在する状態になっていると思います。
その中でも「文字レイヤー」や「レイヤーの効果」などは、対応するフォントの有無・フォトショップのバージョンなどの諸条件で見栄えが変化する可能性があります。
そのため、一枚の画像にすることで変化の余地をなくしてご入稿ください。

メニューの「レイヤー>表示レイヤーを結合」あるいは「レイヤー>画像を統合」で、フォントを含め、全てを一枚の画像にすることができます。

更新:2015 年 1 月 10 日