カラーモードについて

CMYKカラーとは、「 シアン(濃いめの水色)」「 マゼンタ(牡丹色系の濃いピンク)」「 イエロー」「■ ブラック」の、4色のインキ(プロセスカラーインキ)を用いて表現可能な色範囲を表しています。
つまり、通常のカラー印刷の色のことです。
r-g-b
モニタの表示色やデジタルカメラなどで取り込んだ画像データはRGBカラーでできていますが、RGBカラーの三原色「 レッド」「 グリーン」「 ブルー」をCMYKカラーで再現する事はできません。
実際にインキを使ってカラー印刷するためには、CMYKカラーに変換しなければなりません。

よくあるご質問

Q:RGBカラーのまま印刷できますか?
A:できません。RGBカラーでのご入稿はできますが、印刷の為にCMYKカラーに変換させていただきます。

Q:4色印刷って何ですか?
A:フルカラー印刷のことです。CMYK、4種類のインキで印刷するので、こう表現されます。

RGBカラーとCMYKカラーの範囲

RGBカラーをCMYKカラーに変換する際、表現できる色の範囲がRGBカラーよりもCMYKカラーの方が狭いため、色味がくすんだ色になってしまう場合があります。
可能な限り、あらかじめお客様の方でモードをCMYKカラーにしてご確認くださるようにお願いいたします。RGB_CMYK

RGBからCMYKへの変換例

オフィス系のソフト(ワード、エクセル、パワーポイントなど)はCMYKカラーモードを扱うことができませんので、入稿データは必ずRGBカラーになります。
また、フォトショップも、バージョンによってはCMYKカラーモードを扱うことができません。
RGBカラーでご入稿いただいたデータは弊社でCMYKカラーに変換させていただきますが、図のような変化があります。
RgbCmyk
比較図をご覧いただくとおわかりでしょうが、特に蛍光色系の変化が大きいので、蛍光系の色はなるべく避けてデータを作成した方が良いと思います。
たとえば、RGBカラーで作った画像内の、彩度の高いオレンジ系の肌色などは、退色するかもしれません。

RGBカラー内で表現するCMYKカラー

CMYKカラーの中で最も鮮やかな色は、インキそのものの色となるシアン・マゼンタ・イエロー各100%となります。
下記はCMYKカラーをRGBカラーで表現したものですが、完全な変換を保証するものではありません。お使いのソフトウェアから書き出す時の変化も考えられますので、「くすみにくい色」という参考程度にご覧ください。

CMYKカラー RGBカラー
シアン100% R0 – G159 – B230 #009EE5
マゼンタ100% R194 – G0 – B123 #C2007B
イエロー100% R255 – G240 – B0 #FEF000

RGBカラーしか扱えないソフトウェアでは、「フルカラー」か「モノクロ」のデータのみ作れる、と考えてください。
特色での1色印刷は、モノクロでデータを作成してください。
2版の印刷用データは作れません。

更新:2014 年 4 月 4 日