文字や写真は余裕をもって配置しましょう

文字や画像を配置する位置

切り落とされてはいけない文字や画像は、仕上がり寸法より3mm以上内側に配置してください(ただし意図的に切る場合は除きます)。
印刷後の裁断時に紙のずれで文字や画像が欠けてしまうことを防ぐことができます。
tombo_03-txtray1

トンボの作れないソフトで「塗足し込の寸法」でデータを作成している場合は、仕上がり寸法の外側に塗足しの3mm分がありますので、データの端からは6mm分、離さなくてはならない事になります。
「仕上がり寸法(最終的な印刷物のできあがりサイズ)」と「塗り足しを含んだ必要寸法」を混同しないように注意しましょう。
tombo_03-txtray2

パンフレットのようなノンブル(ページ数)をつける場合は特に気をつけてください。あまり紙端ぎりぎりに配置すると、仕上げの断裁の際に切れてしまうことがあります。

更新:2014 年 9 月 5 日