用紙分類の説明と、用途別のお勧め

用紙の分類 説明
コート紙系 ツヤのある紙。写真の印刷に好適で発色が良い。黒がくっきり出る。
attention鉛筆などの筆記には不向きで、インクジェットプリンタでの印刷には使用できません。
attentionパール光沢の紙はファンシー紙系に含まれています(たまに質問がございますが「パールコートN」「ホワイトパールコートN」は普通のコート紙です。真珠のようにキラキラしている訳ではありませんので、ご注意ください)。
マットコート紙系 艶消しの紙。しっとりとした高級感がある。写真の印刷に向くが、色沈みがあり、濃色が白っぽく見えやすい。
attention鉛筆での筆記は出来ますが、インクジェットプリンタでの印刷には使用できません。
attention摩擦による色移りがあり、インキの乾燥後も汚れを完全に防ぐことはできません。マットな質感で表紙を摩擦に強くしたい場合、マットPP加工(表面加工オプション)をするという対策が考えられます。
上質紙系(普通紙) コピー紙の様にツヤのない紙。色沈みがあり、濃色が白っぽく見えやすい。印刷時の網点は、コート紙やマットコート紙よりも粗め。
鉛筆での筆記に好適で、インクジェットプリンタでの印刷に使用可能。
ファンシー紙系 色の付いた紙や模様を浮き出させた紙、変わった光沢のある紙など。
冊子の表紙によく使われる皮の様な凸凹の「レザック」、真珠のようにキラキラした光沢の「ペルーラ」、透かし模様の入った「玉しき」などはこちら。
attention色のある用紙に印刷する場合、印刷結果は紙色の影響を受けますのでご注意ください。
attention用紙によってはウラ面が印刷に不向きな場合もあります。よくわからない場合は事前にご相談ください。
封筒用紙
名刺用紙

用途別の厚み目安

チラシ・フライヤー、リーフレットなど

両面印刷のチラシは、裏透けを防止するためコート紙90kg程度がお勧めです。
片面印刷なら、もっと薄手の紙でも大丈夫です。
2つ折りや3つ折りのリーフレットはコート紙110~135kg程度が目安です。
複雑な折り加工の場合は、ご相談ください。

はがき、名刺、カードなど

はがきとして一般的な厚みをお望みなら、160~200kg程度の用紙をご選択ください。
薄手で良い場合、連量の最低ラインは135kg程度です。
コート紙135kgは雑誌の応募はがき程度で、かなり薄いです。これより薄い用紙ですと、はがきとして使用できない可能性がありますのでご注意ください。

名刺の場合、推奨は180kg以上です。
上質紙系なら最低135kg以上、コート・マットコート系の紙は最低160kg以上をお勧めいたします。
(同じ連量の場合、上質紙の方がコシがあるため。コート・マットコート系135kgの名刺は、かなり薄くペラペラな印象です)

更新:2014 年 9 月 22 日